地上デジタル放送について

地デ時LIFE

セグメントとは

セグメントとは、LANにおけるネットワークの1単位で、1つの機器から送出されたパケット(分割された通信データ)が無条件に到達する範囲のことをいうようです。1本のケーブルで接続されたネットワークのノードの集まり、つまり、1つのネットワーク構成と解釈することもできる。 セグメントの最大延長は、LANの規格により異なり、10BASE-2は185m、10BASE-5は500m、10BASE-Tは100mとなり、これよりも長くしたい場合は、リピータやブリッジ、ルータを使用する必要があるようです。

ワンセグとは

今、よく耳にする「ワンセグ」。日本において、主に携帯電話などの携帯機器を受信対象とする地上デジタルテレビジョン放送(地デジ)。正式名称は「携帯電話・移動体端末向けの1セグメント部分受信サービス」という。ワンセグでは地上デジタル放送を楽しむことができるだけではなく、数々のデータ放送を楽しむことができるほか、数々のデータ放送を楽しむこともでき、地上デジタルテレビ放送同様、双方向機能で参加することが可能な番組もあるようです。

このように携帯電話をはじめ、いくつか導入されている「ワンセグ」ですが、ワンセグっていったいなんなのでしょうか。

 

「ワンセグ」は、地上デジタル放送のサービスのひとつで、携帯電話型受信機などの移動体でも安定して受信ができるように設計されたサービス。現在、家庭の地上デジタル放送受信機に送っている地上デジタル放送波の一部を使って送っているようです。 番組内容は、家庭向けの地上デジタル放送と同じらしいですが、「ワンセグ」独自のデータ放送サービスが利用可能になり、また、携帯電話の通信機能を使った双方向サービス、通信経由の詳細な情報も利用できるようです。

ワンセグと呼ばれる理由

日本の地上デジタル放送は、1チャンネル、6MHzの帯域幅を13個のセグメントと呼ばれる箱に分割して放送を行うことが可能のようでハイビジョン放送や複数の番組を同時に送り出す編成を行う場合、12個の箱を用いて実施しているそうだが、このうちの1つの箱(1セグメント)を用いて放送を行うことができることから、そのサービスを12のうちの1つで「ワンセグ」と呼んでいるようです。

ワンセグ-番組連動データ放送

ワンセグは番組と連動された番組の放送を見ることができます。ドラマ、スポーツ、バラエティ・音楽などの娯楽番組、映画など。

ドラマは若者向けから中高年層、ファミリー層を狙ったものまで、視聴対象や内容はさまざまです。 ある番組はストーリー、キャスト紹介のほか、内容に関連したクイズ、ホームページとの連動によるコンテンツサービスを初めての試みとして行ったようです。またある番組では、スタンプラリーを実施して、視聴するとそのデータが蓄積されて、ポイントが貯まるとプレゼントとしてグッズが当たるといったサービスが行われていたようです。 スポーツ番組では、選手のプロフィールをはじめ、コンテンツが豊富で、プロ野球を中心にして、サッカー、バレーボール、ゴルフ、などその他のスポーツのほとんどでデータ放送を実施しているようです。 プロ野球中継などでは、スコアのイニング情報や選手の成績、他球場の試合経過などを紹介しています。 バラエティで、いくつものコンテンツを提供しているのはTBSの『王様のブランチ』で、コンテンツのメニューは本と映画のランキング、トラベル、グルメ、女王様のお買物など。テレビを見ながらリアルタイムで番組関連グッズを購入できる機能なども用意されています。

「ワンセグ」
に関連するツイート
Twitter

スマホもワンセグ離れしてるよね TVに変わってネットが台頭している時代に受信料をスマホの課金換算で考えたら割高! 【NHK受信料】スマホを持っているだけで支払わないといけない?そもそも月額いくらか

数百m移動すれば車のワンセグで映るのになぜ…!!

8年前の選挙公報でワンセグ訴訟の判決日を知って、そこきっかけに放送法64条にどっぷりハマったのを思い出した。

一瞬リアタイにワンセグが頭をよぎったけど、もうスマホにワンセグは付いてないんだった。( ´・ω・`)

返信先:ワンセグ所有者に受信料の契約義務があると最高裁に認めさせた裁判を起こしたのはNHK党ですよね。自分たちで規制を推進しておきながら、一方ではその規制への反対を煽るのは、NHK党の欺瞞行為です。

recommend

dd>

最終更新日:2016/4/22